ご紹介

泣きました。

二度も泣かされました。

山本周五郎の短編小説

『裏の木戸はあいている』

(新潮文庫『ひとごろし』所収)

(スタッフのつぶやき)